0.45クラス キャビン一部破損 板金塗装
画像:
作業前:

作業風景:

作業完了後:

概要:
0.45クラス コベルコ製の解体機です。

油圧アタッチメント装着によるキャビンへの干渉で
キャビンの前面の一部を破損してしまったものです。

施工内容
塗装はがし、破損部切断、板金、再溶接
パテ入れ下地仕上げ、塗装(3回仕上げ)

車と異なり重機の場合、外装鋼板の板厚があるため、
車の板金のように凹み部を引っ張って直すということが
なかなかできません。

凹み部分を切断し、板金の上、再度溶接施工し、
その上で必要な箇所のみパテを入れるのが基本です。

パテだけで直してしまうと見た目は直りますが、
重機は車と違って使用環境が異なるため、
無理なパテ入れは、使用後すぐに
割れや剥がれの原因になります。
お問い合わせ:
問い合わせ(電話)
問い合わせ(メール)
作成日:
2009-11-19 08:40
<< 前へ - 次のページ >>
施工例TOP

作業依頼
施工例一覧
販売・レンタル一覧

株式会社ショベルサービス

© 2018 株式会社ショベルサービス